予算委員会文部科学第4分科会内閣委員会質問 内閣委員会質問教科書問題について渡海文部大臣に質問

活動報告(国会・委員会での質問)

平成20(2008)年4月4日
①拉致と漂着不明船について ②食料の大量消費・大量破棄について

★質問1 拉致につていは、認定者が17人、拉致の可能性の高い人については、準認定として支援できないかと質問しました。

結果報告
準認定は考えていないが、幅広く支援することとしたい。

★質問2 子どもたちに対して、「もったいない」という感情を持つような食育教育の必要性を訴えました。

結果報告
考えています。とお答えいただきました。

平成20(2008)年2月28日
教科書に歴史の事実を!(予算委員会第四分科会)

平成19(2007)年11月28日
遺伝子組換え食品から生態系を守ろう!(内閣委員会)

★質問 食の安全について集中的に質問しました。遺伝子組換え食品の特許権の問題や、食品偽装、牛肉輸入再開の問題などについて質問しました。

平成19(2007)年11月1日
自衛隊の補給支援法について(テロ対策特別委員会)

★質問 世界平和が日本のエネルギーを守る・・・
インド洋からマラッカ海峡にいたるルートは、石油をはじめとする日本のエネルギー輸送の大動脈でもあります。
この地域では海賊による事件も多発しているので、このような海上での不審船の取り締まりと共に、給油活動を行ってきたが、そのまま継続してほしい。

< 参考:~世界の海は危険がいっぱい~ ★海賊による主な乗っ取り事件>
・日本企業所有のタンカー乗っ取り(10月28日)
・北朝鮮籍の貨物船乗っ取り(10月30日)
・難民に食料を届ける国連食料計画の船が襲撃を受ける(5月27日)

結果報告
給油活動だけが再開されました。

平成19(2007)年10月26日
子どもたちの未来のために、地域コミュニティーの活用を!(青少年特別委員会)

★質問1 子どもたちの育成のために地域コミュニティーを活用することや世代間交流充実のための助成を求めました。
★質問2 また、給食に地元の食材や器などを積極的に活用するべきなどと主張しました。


平成19(2007)年6月13日
自転車が車道を走ることについての問題点(内閣委員会)

★質問 自転車は車でなく、歩く機械と思っています。
車道を自転車が走ることは歩道を自転車が走ることよりも、もっと危険だと思います。自転車道を整備できないところでは、歩道を走ることを継続してほしい。

結果報告
自転車道を作るよう努力していきます。
児童と高齢者は歩道でもよいとの答弁をいただきました。

平成19(2007)年5月30日
優秀な人材は国の宝!国会公務員制度改革にむけて!(内閣委員会)

★質問 能力・実績主義の導入に対するポスト不足への懸念について質問しました。


平成19(2007)年4月26日
児童虐待問題は、親権より子どもの安全確保を優先に!(青少年特別委員会)

★質問 児童虐待の件について質問しました。虐待を受けている子どもの身柄確保を親の親権よりも優先するべきではないかと訴えました。

平成19(2007)年3月9日
駅前開発に、地域参政権を!(内閣委員会)

★質問 まちづくりの基本的な考え方について質問しました。地域開発に当たっては、地権者と行政だけではなく、近隣地域の商店街や地域住民ぬきで開発が行われないよう、マニュアル等でしっかりと明記していただきたいと訴えました。

平成18(2006)年12月21日
いじめ・虐待について質問~児童相談所に警察OBの活用を!~(内閣委員会)

★質問 危機を察知できる体制整備のため、警察OBの活用を!
虐待を受けている子どもにとっては、SOSの発信です。したがって、児童相談所に、相談員だけでなくSOSの危機を察知する警察官(OB)の役割が要求されます。

結果報告
認められました。

平成18(2006)年3月1日
感動や、やる気を育てる学校教育を求めて!(予算委員会第四分科会)

★質問 ゆとり教育の問題点及び学習指導要綱見直しの方向性についてや、指導力不足の教員対策について質問しました。

結果報告
指導力不足については改革することに!

平成17(2005)年10月12日
防犯拠点の拡大と、褒章制度について(内閣委員会)

★質問1 防犯拠点(安全安心ステーション)モデル事業の拡大と延長を求めました。
皆様と行った防犯ボランティアへの支援を求める署名活動によって、 平成17年4月から、ジャンパーなどのパトロール用品が貸与され、また、警察からも情報の提供や講習などの支援が受けられるようになりました。
この支援の継続を求めました。

結果報告
来年度に向けて認められました。

★質問2 褒章制度をつくり、地域防犯ボランティア活動に、贈呈するよう提案しました。

結果報告
認められました。